六角脳枕で快眠・安眠

即・買いたい人はこちら!

クリック♪

六角脳枕は自然に快眠に引き込まれる安眠枕

ぐっすりと眠れる枕を目指し、最新鋭の科学技術の成果は、安眠枕にも取り入れられていています。
テレビなどで度々取り上げられている「六角脳枕」も、ハイテクが駆使された安眠枕として、ネット通販でもトップクラスにランキングされるほど、驚異的な売れ行きを見せています。

 

「六角脳枕」は、その商品名が示すように、ちょっと横に広がった六角形の形をしています。
六角形を隙間なく敷き詰めた構造は、蜂の巣構造とかハニカム(honeycomb)構造とも呼ばれています。
大変に強い強度が得られることから、現在では航空機や宇宙開発などへ取り入れられるなど、幅広い分野で活用されています。

 

睡眠との関連では、メーカーによれば、六角形の形状は、同じく六角形を基本にした脳細胞の集合体へスムーズに情報を伝達し脳波の状態を向上させ、快眠が得られるとしています。
実際に、脳波を特殊な機械で計測すると、入眠後は次第にΘ波が優勢になり、確かに深い眠りに入っていることが示されています。


頭寒足熱を実現する冷却剤を内蔵。

「六角脳枕」は、横から見るとダブルの凹凸構造であり、寝返りが非常にしやすいのが特徴です。
睡眠中に寝返りを打っても、頭と肩だけが移動するだけなので、首や肩を無理に緊張させることなく、朝の目覚めもスッキリ爽やかとなる寸法です。

 

「六角脳枕」の素材には、いま評判になっている低反発マイクロウェーブ素材が使われています。
通気性や肌触りも良く、温度変化にも強く、首への負担が軽減されるなど、まるで安眠枕のために存在するかのような素材です。

 

「六角脳枕」は、専用の冷却材が、取り付けられるようになっています。
夏の寝苦しい夜でも、ぐっすりと眠ることができ、不眠症も一気に解消できそうです。


もっと詳しく知りたい方はこちらをクリック♪脳波が良くなる六角脳枕