ひんやり枕

即・買いたい人はこちら!

クリック♪

「頭を少し冷やす」は季節を問わず安眠の条件。

夏の寝苦しい夜、アイスノンなどの冷却グッズを頭の下に敷いたりして、少しでも涼を取ろうとする光景が各地で見られます。
ですが、やり方によってはシーツがびしょびしょに濡れたり、冷え過ぎて却って体調がおかしくなったりと、リスクと隣り合わせです。
不眠症を解消し、快眠を得るためのアイテムとしては、ひんやり枕の利用がオススメです。

 

頭寒足熱とは、受験シーズンの受験生に対するスローガンに止まりません。
頭部を適正温度に保つのは、健康を保つ上でも、実に好ましいことなのです。
特別仕様のひんやり枕で快眠を得るのは、生理学的にも理に適った方法と言えます。


快適なひんやり枕に使われている最新技術。

よく眠るために頭を冷やす、といっても、ひたすら冷やせば良いというものではありません。
眠りの世界では、快眠適正温度とでもいうべき適正温度が存在し、専門家の見解や個人差もあり厳密に決めるのは難しいのですが、25℃から32℃というのが妥当な線です。
すなわち、体温よりも少々低い位が、枕として丁度良いということで、ひんやり枕もその線で設計されているようです。

 

ひんやり枕の構造は、メーカーによってもさまざまで、体温を吸収する吸熱素材が使われていたり、専用の冷却材が枕に取り付けられるようになったりしています。
冷凍庫で冷やさなくとも、ひんやり感がそれなりに得られるものなど、先端技術の成果は、枕の世界でも、目ざといメーカーによって、しっかりと取り入れられています。

 

ひんやり枕を使って、よく眠れるようになったとの体験談は数多く、強豪ひしめく安眠枕の中にあって、主要な地位を占めるに至っています。
頭寒足熱の先人の知恵は、現在、枕作りにも着実に生かされているのです。


もっと詳しく知りたい方はこちらをクリック♪脳波が良くなる六角脳枕